食べてはいけない食品カテゴリの記事一覧

食べてはいけない発ガン誘発食品

1. 塩分・脂肪が多い食品

 塩分はそれ自体に発ガン性はないが、胃を荒らしてガンを作りやすい環境を作ってしまう。
 脂肪は大量に摂取すれば、胆汁を多量に分泌させ、この胆汁が変化して発ガン物質となる。

2. カビが生えやすい食品

 ナッツ類やトウモロコシに生えるカビは、強力な発ガン性を持つ場合がある。
 日本で売られているものについては、厳重な審査を受けているので心配はない。
 海外で買ったり、おみやげでもらったものなどに気をつける。

3. コゲのある焼き魚や肉料理

 魚や肉などタンパク質の焼けコゲには、発ガン性があるので、あまりコゲがひどい場合は、取り除こう。
 レモンを搾ったり、ダイコンおろしと食べれば、発ガン作用を軽減することができる。

4. 食品添加物

 食品添加物とは、保存や発色などのために使われるもの。
 複数の食品添加物が合わさると、発ガン物質に変化する場合があるので注意する。

5. ワラビとフキノトウ

 ワラビに含まれる成分にプタキロサイドという物質があり、この物質に発ガン性があることがわかっている。
 しかし、アクを抜いたり塩漬けにすれば、発ガンの危険はほぼなくなる。フキノトウも同様。

6. 水道水

 水道水には、トリハロメタンなどの発ガン物質が含まれている。
 しかし、浄水処理技術の向上でそれほど心配することはなくなった。
 浄水器や煮沸消毒すれば、さらに危険性を減らせる。   

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。